リフォーム 水周

  

長く住み続ける為に

バスルーム

四季のある日本は、風情があり美しいものです。でも、日本住宅にとっては、過酷な環境ともいえるでしょう。夏は暑く冬は寒いのです。そして梅雨時期の湿度の高さには驚くでしょう。ですから、日本住宅をいたわってあげないと、すぐに老朽化してしまうでしょう。日本住宅の寿命は30年といわれています。世界の住宅寿命の中でも低いほうです。実際には、掃除や換気しながら生活してますので、そこまで家が駄目になることは少ないでしょう。よく人が住んでない家は、すぐに駄目になるといわれてます。ですから、住みながら家を大事にしているのです。それだけではやはり限界があります。どうしても老朽化してしまうところは、取り替えたり補強しなくてはいけないでしょう。そのようなときには、リフォーム業者の力を借りるといいでしょう。

日本の住宅をながく、快適に使うのであればリフォームが一番いいでしょう。新しく綺麗になって、住宅としての機能もよくなります。これだけリフォーム業界が注目され、成長している時期なので、ものすごく技術もサービスもよくなっています。リフォーム業者が、家のお医者さんのようになって、住居の悪いところもなおしてくれます。リフォームで良い所は、融通がきくところです。細かな指示を伝えていれば、理想通りにしてくれますし、違うときにはすぐになおしてくれます。職人さんも熟練のひとが多く、ひとつひとつの仕事を丁寧にしてくれます。実績と信用が大事なリフォーム業界なので、完成してもアフターサービスまできちんとしてくれるところが多いです。